真木翔平 OFFICIAL SITE

副業で稼ぐ!花火からネットビジネスのマーケティングを学ぼう!情報発信転売にも!

32 views
約4分
副業で稼ぐ!花火からネットビジネスのマーケティングを学ぼう!情報発信転売にも!

 

こんばんは!真木です(^ ^)

 

 

この前、家から花火見えました。

もうそんな時期なんですね(^ ^)
http://shohei-maki.com/wp-content/uploads/2018/06/IMG_8166.mov

 

実際はもっとキレイだったんですが、
スマホで撮った動画だと、伝わりづらい…w

 

 

ところで、みなさんは、
花火に関するコレ知ってました??

 

ネットビジネスでも勉強になる
マーケティングがどれなのか、
考えながら読んでみてください^^

 

 

profile

 

 

【1】打ち上げ花火一発の値段っていくら?

 

→大体こんな感じみたいです。

3号玉 :5,000円~
7号玉 :2万円~
10号玉:6万円~
20号玉:80万円~

 

なので、一発平均5万円前後だとしても
一万発が上がるような花火大会では
おおよそ5,000万円以上が花火の費用だけで
かかってくる計算…

 

 

【2】打ち上がる時の「ヒュ~」っていう音って一体ナニ?

 

→あの音は花火が空に打ち上げられて、
そのスピードで空気が切り裂かれて
鳴っているようなイメージがありますが、
実は花火に備え付けられた「笛」で
わざと鳴らしているそうです。

 

あの「ヒュ~」という音をあえて鳴らすことで
花火の期待感をより一層強める効果が
あるんですって^^

 

 

【3】なんで「たまや~」って言うのか?

 

→この「たまや」の掛け声の由来は、
1810年に両国の川開きで花火製作を行い
人気を集めた「玉屋」に由来するそう。

 

現在ではこの掛け声だけが伝統として
残り続けているそう。

 

 

【4】なんで花火大会って毎年「無料」で開かれるのか?

 

→実は花火大会の経費は、
基本は主催者である
自治体や観光協会が負担しているそう。

 

自分の街で花火大会を開く

お客さんが集まりお店が賑わう

市や町全体で売り上げが増える

市や町が使える税金も増える

その税金で花火大会を開く

といった感じ。

 

また、花火には1発ずつに
「スポンサー」が付いていて、
これにより花火大会開催経費の捻出が
可能になるそう。

 

花火打ち上げ前に「~の協賛で」とか
言ってくれたり、
宣伝の為のうちわを配ってたり、
会場に特設の広告看板が設置されたりとか、
花火大会に集まった人に対して宣伝できるので、
花火大会にもスポンサーがいるので、

 

無料で開催されているそうです^^

 

 

【5】屋台は「やくざ」が出している?

 

→現在は神農商業協同組合の組合員が
ほとんどと言われているそう。

 

この組合員になるには
管理衛星などの審査をパスして、
保健所や都道府県知事の許可を
もらう必要あり。

 

なので、大部分の人達は
やくざではないのですが、
それでもテキ屋というのは
伝統のあるものなので、

 

少なからず繋がりがあるような
人達もいるようです^^

 

 

と、まぁこんな感じです。

 

覚えておいたら、
「いざ!」って時に、

使えると思うので、
よければ頭の片隅にでも(^ ^)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
012-3456-7890